« 玲瓏なる覚悟よ♪ | トップページ | 著作権料、寄越せ! »

2006年10月15日 (日)

頑張ってるな、サンライズ

 10月クールのアニメは山のようにあれど、ここまで2話見て、面白くなりそうかなと思ったのは、「コードギアス 反逆のルルーシュ」と「幕末機関説 いろまにほへと」の2作。評判の高い「パンプキン・シザーズ」は残念ながら見てない。うちのDVDレコーダー、U局との相性が悪いらしく、U局の番組は綺麗に録れないもんで。。(汗)。普通に見る分には問題ないんだが、社会人が2時15分開始のアニメをリアルタイムで見るわけにも。。

 それはさておき、サンライズの2作品。どっちも作画に滅茶苦茶、力はいってますな。「コードギアス」、最初に見たときは、

これが本当にあの”動かないアニメ” 「クラスターエッジ」をつくったプロダクションと同じなのか?

と、天下のサンライズに対して大変失礼な感想を抱いた次第。「クラスター」は本当にヒドかったからな。月に1回は総集編してたし。。そういえば、「クラスター」の主人公(の一人)も福山潤だったが、「コードギアス」のカレ(ルルーシュ・なんとか・ブリタニアくん)は声の低さといい気位の高さといい、ベリルとカブってるかも。

Code9 Code10

 「コードギアス」も「いろはにほへと」も、初回エンディングで原画、数えたら、第二原画まで含めて凄い人数に膨れ上がってたんで、びっくり。一体、制作費、いくらかけてるんだ? あれかな。サンライズも京アニやボンズの成功を見て、多少、制作費上積みしてでも、作画が良ければ、DVDが売れる(十分回収できる)ってことを学習したんだろうか。とは言え、「本家」ボンズの方は「土六」復帰にもかかわらず、いきなり「コケ」てるが。。(なんだ、あの「アンドレ」みたいな下睫毛キャラは?) そういえば、どっちも竹田青磁なんだよな。「あやかしあやし」の方では「この時間帯にその話題はどうよ?」というような差別問題提起してくるし、「コードギアス」は「BLLOD+」に続いて反米路線まっしぐら。。このヒト、自分と同世代(「しらけ世代」などと言われたこともあった←死語)のはずなんだが、なんでこうもアツいんだ?

 「コードギアス」のキャスティングで、「ネタ」扱いっぽいのが、白鳥哲。「リヴァイアス」や「SEED」しか知らないんで、ダメダメくんな印象が強かったが、こんな演技もできるんだな。ED見るまで、全然、わかんなかったよ。もう片方の主人公であるスザクの声にはやや違和感あり。こういうカワイイ系(違うのか?)のキャラクターだと、ふつーはホッシーとか(あと誰?)、その手の甘い声がきそうなもんだが。櫻井は「イノセント・ヴィーナス」でのいきなり悪役な演技や「BBB」での能天気演技(あの丁寧語はクセになる)が意外にハマってると思ってただけに、このスザクはちょっと。。

 「いろはにほへと」は自分の好きな幕末もの。主役の名が「秋月」と聞いたときは、てっきり秋月悌次郎がモデルの会津ものかと思ったが、どうも関係ないようだ。しかし、河合継之助とか、山岡鉄舟とか、幕末好きにはたまらん設定。「あやかし」と違い、キャラクターデザインもカッコイイし。DVD、買ってしまいそうな予感。現在購入中なのが、「ハルヒ」と「銀魂」なんで、これに「コードギアス」と「いろはにほへと」が加わると、すっかり、サンライズ☆シンパなヒトだよ。。

|

« 玲瓏なる覚悟よ♪ | トップページ | 著作権料、寄越せ! »