« コードギアス 俺様なルルーシュ | トップページ | 銀魂~背中に「五郎」 »

2006年11月 2日 (木)

銀魂#15…いつの日か、ザキを表紙に

Gintama15  発売は明日(いや、もう今日だよ、をい)なので、コミックス派にはフライング・ネタ。

銀魂 第15巻 (15)

 この巻は「涙、涙」で始まり、「涙、涙」で終わるという苦手な展開。人情話や人生訓は銀さん一人に任せて、沖田にはいつまでも沖田のままでいて欲しかった。。。新選組マニアとしては、ミツ(バ)が出てくるのは大歓迎だが、この流れはちょっと。。。

 そんな湿っぽいムードのなか、「救いの神」現る。その名も、宇宙キャプテン・カツーラ 。眼帯に描かれたエリザベスのイラストが愛おしい(そっちかよ)。そう、この巻もエリザベスの出番はない。。どこへ行ったんだ、ベス(誰?)。カツーラの助手席に座るのはキミのはずだぁ~~。

 「かもしれない運転」の応用・発展形は結構、ツボに入った。

もしかして。。。俺は緊張しているのかもしれない

うんうん、気持ちはよーくわかるよ、カツーラくん。実際、若葉マークにとっちゃ、「子供が飛び出してくるかもしれない」どころじゃないよな。自分(ペーパー)なんて、毎回、「今日、私は死ぬかもしれない」(どれだけ後ろ向き志向?)と、ビクビクしながら運転してるもんな。だったら、運転すんなっ!

 ところで、あの「脳内妄想劇場」は何ネタ?松子って誰? 「東京物語」の原節子ともちょっと違うようだし。。ひじょーに気になる。「桂裏声」および「桂裏声B」による一人芝居は是非とも、アニメで石田彰にやらせたい。だが、第125訓か。。。それまで、アニメ、続いてるのか?

|

« コードギアス 俺様なルルーシュ | トップページ | 銀魂~背中に「五郎」 »