« セイント・ビースト1…Running To Heaven. | トップページ | VitaminX一&翼ED…本命は永田秘書(マニア。。) »

2007年4月14日 (土)

DTB2~口説きの真髄を見た

Dtb041318 4月スタートの新作をひと通り流し見終わったところで、これが一番気に入ったかも。やっぱ、作画水準が高いと、安心して見れるし。このキャベツの千切りシーンなんて、例の「伝説」に対する当てこすりとしか。。。

 それはさて置き。

Dtb041301 前回も書いたが、とにかく、初っ端からカレ、ヘイにメロメロ(死語)である。 この傍観者もしくは諦観者のような表情と、女を相手にしたときの必殺の笑顔のギャップが堪りません。

Dtb041303 こんな顔して、

一緒に逃げましょう

なんて言われた日にゃあ。。。いや、ちょっと待て。お前ら今朝、初めて会ったばっかだろ。なに? この逃避行ムードは。。。

きっと、今日、ここに来るのが運命だったんですよ。今日、あなたに会うことが。

Dtb041304 タラシだぁ。。。本物のタラシだぁ、こいつ。このまま、プロポーズしたとしても、即刻、落とせそうなお手並み。契約者ってのは、こんな才能もあるのか。確かに、ルイもジャンもそんな感じだ(単にフランス人の資質って気もするが。。。汗)。契約の代償にタンポポ食ってた(そんな代償あり?)でっかい兄ちゃんは、そっちの方の才能はなさそうだが。。。

Dtb041306 ヘイもこう言っている。

契約者は人間じゃない。人の皮をかぶった「結婚詐欺師」だ。

いや、正確には、「殺人機械」だったっかな。。。(汗)

奴らは嘘つきで、裏切り者だ。

と言ったときのヘイの表情に萌え。

Dtb041307 田町で山手線を降りて、三田署の前を通り、東京タワーをバックに品川ふ頭方面に向かうヘイ。なんだか知った光景だな。。。

Dtb041310 女の前ではタレ目なくせに、契約者の顔になると、いきなり凄みを増すその表情。

言ったろ、契約者は嘘つきだって。

とか言いながら、女を庇おうとするヘイ。しかし、結婚詐欺師の報いか、女に撃たれてしまう。

私を騙していたのね。(捏造)

みたいな?(全然違う。。)。ともかく、魂を抜かれたという「ドール」の設定がいまひとつよくわからんな、と思っていたら、グッドタイミングでフォローが入った。

Dtb041311解説しよう (とは言ってない。。)

ヘイのジャケットは彼自身が着ることによってのみ、防弾効果を持つんだ。

 いや、そんなこと聞いちゃいないから、夜一さんっ!(。。って、それも違っ)。でもって、

ビックリした?

 あんた、そうやって、楽しんでるんっスか?

 結局、

たとえ、あなたが詐欺師でも、あなたを愛してる。(捏造その2)

Dtb041315とでも言うかのように、ヘイの身代わりになって殺される女。。。

人形じゃない。生きていたんだ。

Dtb041317 また、殺し文句、出たぁぁぁ。こちとら、萌え萌えだよ。最後は女の敵もとったし。ほんと、女心を掴んでるなぁ。

 ヘイの契約の代償はわからずじまいだし、ドールも心を持ってるみたいだし、「夜一さん」の正体も謎のまま。

Dtb041319 次回のヘイの口説きのターゲットは中学生(高校生?)の少女。女なら見境いなしかよ? をい。

 さて、「夜一さん」とどんなお喋りしてるんでしょう。

|

« セイント・ビースト1…Running To Heaven. | トップページ | VitaminX一&翼ED…本命は永田秘書(マニア。。) »