« ヒロイック・エイジ18…バカは死んでも。。。 | トップページ | 銀魂68~銀魂が一話、銀魂が二話、以下省略。 »

2007年8月 8日 (水)

鋼鉄三国志 外史想歌1~次は子安が歌うのか?

Cd 本日発売の「鋼鉄三国志 ドラマ&イメージソングアルバム 第1章。午前中にはamazonから届いていたのだが、さすがにオフィスで聴くわけにもいかず、こんな時間になってしまった。では、早速、お目当てのアレから。

◆紅の月/陸遜伯言(宮野真守)

 導入部は落ち着いた印象。そして、徐々に盛り上がりつつ、サビへ。そのサビの部分の歌い上げっぷりがいいねぇ。特に、「時を変えはじめるのならぁぁ♪」のところ。たまんない。最後の「導くことばは 心のなかにまだ きっとあるから」は、和菓子に対する陸遜くんの断つことのできぬ想いなんでしょうかね。

◆流星前夜/凌統(斎賀みつき) 

 凌統ていうか、いつものサイガー(ヲイ)。歌は安心して聴けます。ただ、アレンジにちと70年代入ってる気が。。。「流星のように 捕まえられない 光になるように」ってのは、アニキのことっスか? ところで、「流星前夜」の「前夜」とは?

◆心に花のあるままに/甘寧(諏訪部順一)

 甘寧ていうか、いつもの跡部(違う。。汗)。前の二人のあとだと、ちょっと(ちょっと?)辛い。もっと、周瑜さまラヴな曲を期待したが、どちらかと言うと内省的な詩。かと言って、「鋼鉄」設定である「俺は卑しき海賊」(?)の匂いは微塵もないが。

 
 「紅い月」は私のiPodヘビーローテ・ラインナップに加わることは確実。久遠→いつか→Tip-Top Shape→Mermaid→紅い月という流れだと、Tip-Topだけ、色が違うが。

 
 第二伝では誰が歌うんだろう。子安と一緒なら、イトケンはさぞや、気が楽だろう。第一伝に入れられてたら、居たたまれなかったろうが。あと、歌いそうなのは、遊佐、ノジケン、杉山紀彰(苦しい。。)あたり? ネオ・アンな二人もいたな。いずれにせよ、マモと違って、余り、食指は動かない。。。とりあえず、予約はしたけどね。

 
 
 さて、そんじゃ、ドラマ・バージョン、行ってみよっか。

Sangoku040501◇其の一「和菓子へ」

 マモの声がメチャ、かわいい。

こ、こ、こ、孔明さまは厠に行かれたりするのでしょうか?(爆)

僕も孔明さまが小便してるとこを見てみたいな

 いや、言ってない。言ってないから。。。(汗)。それにしても、子安の恥じらい。キモっ。

そして、翌朝、僕は少し、大人になった。
 

 ぎゃあぁぁぁぁっ!!

 
 何やった、お前らぁぁぁ?!

 
◇其の二「英雄の酒」~太史慈・孫策・周瑜の巻

San040500 やっぱ、ミキシン、いい声ぇぇ。イトケン、うざいぃぃ。

 そういや、いつも、コメントをいただくkokoさんのおススメで、「鋼鉄三国志~呉書異説 (KONAMI NOVELS 18)」を読んだが、孫策の死を巡って、それぞれの過去を手繰る展開だけに、ちょっと感傷的すぎるかな、と。そんななか、自分としては、「太史慈伝」が気に入った。太史慈と孫策の関係はカラっとしてて、いいよね。

 で、ドラマCDに戻ると、周瑜は泣き上戸の絡み屋っていうオチ。ミキシン、うざいぃぃ。

 
Sangoku052518◇其の三「憧れし人へ」~呂蒙・趙雲の巻

 呂蒙のことを「もーちゃん」って、お前は「一騎当千」ファンか?!<趙雲。

 変態マスクマンの前で、太史慈ラヴな本性を露わにするもーちゃんな話。

 組み合わせの特異さから期待したわりには、いまいちな内容。

 
Sangoku071316◇其の四「絆」~凌統・甘寧の巻

 凌統のお誕生日会に招待された甘寧の悩み。お友達がいない甘寧は、ひとのお誕生日会に行ったことがないらしい。

 折角の誕生日プレゼントが、死人にまつわる話ばかりって、どうよ?! 暗っ。。。 頑張れ、甘寧。友達、何人、できるかな?

 
◇其の五「魅入られしもの」~諸葛瑾・魯粛の巻

 孔明さまラヴな今は亡き魯粛と似てないブラザー「あたし」の裸の付き合い。本編と違い、魯粛が結構、まとも。

San053020あたしがこれまで、どれだけ多くの生贄を見てきたと思う? みんなが同じ目であたしを見つめるんだ。あたしを通して、孔明を見ようとする。あたしを通して、孔明のつれなさを攻める。でも、ここに孔明はいない。。。

 切ない、ね<あたし。

 
 そんなこんなで、「紅い月♪」既に10回以上、聴いてるよ。

 ちなみに、さっき、コナミから「トレカ」出荷完了のメールあり。どこまで、「鋼鉄三国志」に投資する気だ?

 
鋼鉄三国志 外史想歌 第一伝 ~思慕~

|

« ヒロイック・エイジ18…バカは死んでも。。。 | トップページ | 銀魂68~銀魂が一話、銀魂が二話、以下省略。 »