« ガンダム00-#12~妄想の果てに | トップページ | 遙か4&LaLa2月号 »

2007年12月23日 (日)

二ノ宮くん12…ご愁傷さま、二ノ宮くん。

 何が哀しくて、この作画崩壊アニメを毎週、睡魔と戦いつつ(テレビ神奈川は土曜深夜3時半から)、見続けたかと言えば、保坂(宮田)腹黒ヴォイスと裏お譲(沢城)低音ヴォイスを聞きたいがため。そういう意味では、最終回は十分、堪能。

 ニコニコしながら、峻護を叩きのめす保坂(第1巻でその強さを見せ付けた原作と違い、アニメ版では初の実力発揮)もいいが、

あんなにきみを慕っているお嬢さまを置いて? すべてを思い出したんだよね。なのに、どうしてきみは十年前と同じことを繰り返そうとする? 僕にはわからないな。

くぅぅぅ。この腹黒ヴォイス、堪まんねぇ。

ダメです。取り消しは効かないって、そう言いましたよね。

 お嬢の言うことにも聞く耳持たないとは、黒い、黒いぜぇぇ、保坂。

さぁ、行くよ、二ノ宮くん。

 先日、「保坂×二ノ宮」という検索ワードで当ブログへお越しになった方がいたが、きっと、そんな、「保峻」萌えな方は今ごろ、悲鳴をあげて、悶えていることだろう(私は断じて違う、と言っておこう。。汗)。

でも、こんな汚れ仕事、しのぶには任せられないもんね。

 保坂、お前ってヤツは。。。(涙)。とりあえず、ちょっとツンデレ入ったしのぶが側にいてくれて、よかったね。
 

 ところで、本筋の方だが。。。

 まずは、ちび峻護が記憶を失う場面。おぉぉっ! "Sleeping Beauty"でキタか?! うまいっ! そうでもこじつけないと、いくら今とは性格が違うとは言え、ちび峻護が自らキスなんてするわけないもんなぁ。原作と違う点は、この場面をお嬢に見られたこと。アニメ版では、このせいで、お譲は二重人格になったことに。原作ではお譲が何故、二重人格なのかは明かされてないけど、これはこれで、わかりやすくていいかも。

 でもって、最後は「気合いを入れて差し上げた」とかいうお題目で峻護にキスしたお嬢が、さらに、真由にもキス(事故)することで、峻護と真由の間接キス(精気の受け渡し)が成立。その程度の精気で元に戻るんだったら、苦労はねぇよ。アニメ版では、真由は精気を吸収できないという設定ではないようだな。
 

さすがは鬼ノ宮ってところやな。

でも、二ノ宮はんが「神精」やとすると、他の十氏族が黙っとりまへんで。

 サイボーグ00なんたらと化した奥城兄妹のセリフからすると、「二期」もアリ?!

 最後に、

ご愁傷さま、二ノ宮くん。

 
ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話「歩き出そうよ」

|

« ガンダム00-#12~妄想の果てに | トップページ | 遙か4&LaLa2月号 »