« ガンダム00-#9~ネタ系ブログの威信 | トップページ | もやしもん8…今更、テコ入れ回? »

2007年12月 2日 (日)

二ノ宮くん9…原作より面白いぞ、をい。

(原作ネタバレあり)

 前回はいまいちキレの悪いオリジナル展開だったうえ、保坂の出番がなかったんで、スルーしたが、今回はイベント満載の修学旅行編。新幹線内でのエピソードとかはすっ飛ばして、いきなり、京都に。

いやー、偶然ですねぇ。京都での商談のあと、たまたま、嵯峨野の竹林の成長観察に来たら、うちの修学旅行とかちあって。。(棒読み)

 なんて、説明的なんだ。

偶然なのか、それは?

。。って、しのぶ、空気読もうよ。

 修学旅行に2巻分を費やした原作を適度にスリム化しつつ、話は進行。しかも、原作より格段に面白い。そもそも、原作での女子風呂覗きの設定は、峻護の性格的にものすご~く無理があったが、覗きを決行するホッスィーたちを阻止するという今回の行動には納得。はからずも向かった先がお嬢さまの貸し切り露天風呂。すっぽんぽんのお嬢を前に、

こんなところで、奇遇ですね。

はないだろ、峻護。当然の報いとして、峻護、海の藻屑に。

やれやれ。

 

 いい意味で原作と違うのは、「夜会(夜這い)」も同様。たすくという強力なモチベーションが登場したおかげで、峻護の決断も速い。結果的には、原作同様、いろりに唇を奪われることになるわけだが。

 さらに、峻護に敵意を燃やすたすくの動機が原作とまったく違うっぽい。たすくの回想シーンから判断して、子供時代に峻護と接点があったのか?

お前が忘れても、こっちは忘れてへんでぇ。

 あの回想場面は、戸惑う峻護を女の子(真由?)がたすくのもとから無理矢理連れ去っているように見えた(そのあと、登場したのがいろり?)が、あれのどこに恨みを買う要素が? でもって、たすくは峻護がインキュバスだということは知ってても、その力を封印されてることまでは知らないらしい。

まぁ、ええ。月村真由をもろて、昔の俺と同じ想いさせたるわ。

 たすくは真由を峻護に奪われたってことなのか。京都にいるたすくと東京にいる峻護のどこにそんな接点があったんだろう。神戎(かむい)十氏族の集いでもあったのかな?

 

ごちそうさまでした。

 いろりと峻護のキスシーンをあろうことか、関係者全員が目撃(ここらへんも原作とは違い、衝撃的でよろしい)。真由やお嬢はともかく、たすくがショックを受けていたのが、大変わかりやすい。素直になれよ、たすく。

 峻護の状態を心配してすぐに我に返ったお譲とは対照的に、真由は何か思い出したな(まさか、峻護のことまで?)。

 

 こうなると、修学旅行二日目がどんな展開になるのか、想像がつかないなぁ。当然、原作とはまったく違ってくるんだろうが。ホッスィーたちの数少ない活躍の場も削られてしまうんだろうか。

 ところで、これって、1クールじゃないの? とても、あと2~3話で収まりがつきそうもないが。。。

 
ご愁傷さま二ノ宮くん 第9話「奪っちゃえよ」

|

« ガンダム00-#9~ネタ系ブログの威信 | トップページ | もやしもん8…今更、テコ入れ回? »